最新活動報告

7 月 例会 「 暑気払 い 」 開催!
定期総会も無事終わり、本格的に本年度事業に入ります、阪本会長から女性会が60周年の記念の年にあたる為、その記念する祝賀会の実行プロジェクトを募りたいとのご挨拶があり、本年度スケジュールに沿って事業内容の詳細計画案については各担当副会長からの概要報告がありました。

1.日 時  令和 4 年 7 月 2 2 日(金) 1 8:30~
2.場 所 ANA クラウン プラザ ホテル ニュー スカイ 25 階 「 ブランミュール 」
熊本市中央区東阿弥陀寺町 2 番地 TEL 096 354 2111
3.内 容 年間 活動 計画 及 び 役割 担当について
4 懇親会 「情報交換交流会」
↑写真:濱田副会長 (左)は事業活動内容解説を、垂見副会長(中)は60周年のプロジェクトリーダーとしてのご挨拶、坂野会員(右)の乾杯のご発声で懇親会が始まりました。

↓写真:新入会員2名(茂田新会員(中)・松成新会員(右)を迎えました。
例会締めのことばは永野会員(左)でした。

例会後は、情報交換・ 交流「暑気払い」
感染対策をホテル様と充分に行い、写真撮影時にマスクを外させていただきました。

久しぶりの例会は、25名が参集しました。
熊本市内を見渡せるホテルの24階、
100名収容の会場パーティルームを貸し切って開催しました。

夏の疲れやコロナも吹き飛ばすようにとお互いを励ますように誓い合い、
明日の鋭気を養う日となりました。

第54回 「 九州 商工会議所女性会連合会 総会(福岡 大会) 」に参加しました。

1.日 時 :令和4年 6月 6日(月) 13: 0 0~ 18 :00

2.場 所: ホテル オークラ 福岡 4階「 平安の 間 」

     福岡市 博多区 下川端町 3‐2   TEL 092-262-1111

内 容:総 会 

協議事項

令和3年度事業報告並びに収支決算

令和4年度事業計画並びに収支予算

大会宣言

令和5年総会・令和4年役員会 開催地【大分県】

以上 ハイブリッド開催で、速やかに総会事項は承認されました。

50周年を迎えられた熊本の山鹿商工会議所女性会が表彰されました。

Ⅱ 記念講演

演題「 醤油 屋から 茅 乃 舎へ 臆病者のB 型 経営 」

講師  久 原 本家 グループ 社 主   河 邉 哲 司 氏 でした。

地元を愛しつづけ、日本の食文化を尊び、効率のみを追いかけず、醤油屋から新しい消費者に向けた商品をたれや出汁に注目、直営店を中心に全国的に展開するまでの、貴重な事業秘話をお話しいただきました。



熊本商工会議所女性会員は13名 が参加させていただきました。県内4女性会をはじめ、九州 各地 の女性会員 の皆さんと交流 ・ 絆を作るよい機会となりました。福岡の皆様たいへんお疲れさまでした。


熊本商工会議所女性会 第60回定期総会を開催いたしました。

日時:令和4年5月20日(金)10:30~

場所:熊本商工会議所 別館3階会議室 にて

コロナ禍で昨年はなかなか事業展開が思うようにできませんでしたが、

今年は、設立60回目の記念すべき年になり、人に例えると会も【還暦】を迎えることになりました。 

【次 第】

1.開会 /10:30~11:20

2.議事

  1)令和3年度 事業報告について

  2)令和3年度 収支決算及び監査報告

  3)令和4年度 事業計画について

 年度テーマ

    『ダイヤモンド・ビジュリー(60周年)~未来へ繋ぐ~』

  4)令和4年度 収支予算について

安樂会員が議長に任命され、スムーズに会は進行、すべての事項は承認されました。

3.研修会 /11:25~11:55

   講師:熊本商工会議所 会頭 久我彰登 様(株式会社鶴屋百貨店代表取締役会長)


研修会は、ご来賓でもあります、熊本商工会議所 久我会頭様のお話でした。

    タイトルは、「九州マンガツーリズム(企画案)」

~マンガ・アニメの力で九州各県の観光資源を一つにし、世界へPRする~


ユニークな切り口で熊本のみならず九州全体で経済を盛り上げる企画が進めれたらとお話しいただきました。

名誉会員 荒木晴美様(元会長) 相談役 石井美代子様(元会長)そして顧問 森 裕子様 にもご参列いただき、コロナ禍ではありますが会員も久しぶりに一堂に会し懇親会ではNPO法人のおーさぁによる手づくりお弁当でなごやかに交流を深めました。


青年部の第31回通常会員総会・懇親会に阪本会長と山﨑副会長が参加いたしました。

↓ 令和4年度 青年部【新会長 荻原健太郎氏】とご一緒に。

1.日 時 :令和4年4月21日(木)

2.場 所 :熊本ホテルキャッスル (熊本市中央区城東町4-2)

女性会の限りない魅力 ~圧倒的なパワーとしなやかさに惹かれて~

会員 植野 幸恵

2020年12月例会に初めて参加し、翌2021年から入会させていただきました植野幸恵((株)ジェイコム九州 人事・管理統括部長)と申します。

例会は毎回様々な業種の方のお話が魅力の一つで、12月は(株)日本M&Aセンター 近藤 直人 様より「M&Aって何? 事例から紐解くM&A」というテーマでお話をいただきました。M&Aに「買収」というマイナスイメージを持っておりましたが、後継者不在の事業承継、成長戦略を見据えたM&Aによる新たな価値の創造、技術の継承、新たな挑戦等、様々なかたちがあること、M&A成立後も新しいかたちで会社とかかわることができ、プラスのイメージに大きく変わりました。

昨年は、当社の県の受託イベント運営、主催イベントへも女性会の皆さまにサポートをいただきました。皆さまの圧倒的なパワーと広いこころ、ネットワークと強い絆、そしてスピードある決断力と実行力、圧倒されながらもたくさんの学びがありました。

↓   当社受託のイベント

当社は、ケーブルテレビを中心としてインターネット、電話、携帯電話等のサービス、電気等も展開しており、コミュニティチャンネルでは地域のニュースや災害情報等の情報発信、イベント等の企画運営等も行っています。

新しい技術やサービスを通じ地域社会が豊かであり続ける未来をつくり、同時に、J:COMの企業活動を支えてくださる地域社会の皆さまと、より良いつながりを築き、地域社会とともに成長する企業を目指していきたいとチャレンジを続けています。

ジェイコム九州では社員主体の地域の情報発信を「&HataLife」(インスタ、ブログ等のSNSで発信)を運営しています。ぜひこちらのフォローと情報の提供もよろしくお願いします!

「12月例会」をコロナ感染が落ち着いているこの時期に開催いたしました。

例会では 、昨今の経済社会情勢を踏まえ(株)日本M&Aセンター 近藤様を東京よりお迎えし、 卓話と交流懇親会を開催。

コロナ禍において会員同士の絆を深める数少ない機会でした。

          記

1. 日 時 令和3年12月14日(火) 18:00~21:00

2.場 所 ホテル日航熊本 7F ガーデンバンケット「Sora」

(熊本市中央区上通町 2-1 TEL:211-1111)

3.内 容

■卓話/18:00~18:45 (受付/17:30~ )

テーマ 「M&A市場の現状と動向について」

講師 株式会社日本M&Aセンター

戦略統括事業部 近藤 直人 様

■交流懇親会/19:00~21:00

令和3年度若手後継者等育成事業
「変化対応力」in 本渡を開催しました。

新型コロナウイルス感染症により 様々な 「変化 (困難 」に対応することが多くなっています。時代の変化に合わせて変わっていくことは、これからの経営において より 一層求められ ることから、 「 変化 (進化)」 を経験された4名の方々より貴重な体験談を拝聴 する講演会 と交流会を開催致しました。

熊本県下女性会会員等との交流を深め、併せて、より一層のメンバー相互の絆を深めていただける機会と考え、企画いたしました。


1.開催日時  
令和3 年 11 月 12 日 金 14:00 ~(受付 13:30~)
2.開催場所  
ホテルアレグリアガーデンズ天草1階「アレグリアホール」
(熊本県天草市本渡町広瀬 996) TEL 0969 22 3161
3.内   容  
☆ 講演会 14:00~17:00
講師: 松田美司子 氏、足利ぼん 氏 、樅木英介 氏、 千葉友平 氏
☆ 交流会 17:30~


松田美司子さん

 「天草の山林を切り拓いて1年半、多くの皆さんの手助けがあり、ここまできたと思う。これからも私は私らしくありたいし、SNSにはない生身の人と人のつながりを大切にしていきたい」と、現在の状況や仲間たちを紹介、キャンプ場も含めたグランドオープンに向けて、歩みを止めずに「夢をあきらめない」松田さんのパワーが伝わってきました。

足利ぼんさん
お笑い芸人であり週6日は御船町で農業に勤しむ。これまでのさまざまな苦い経験も笑いに変えて語り「暗くていやなところにこそ道がある。人が喜ぶことを考えて、裸でぶつかっていきたい。そして農業で食べていけることを証明したいと思う。来年も『吉無田未来ガーデン』をひまわりの花🌻いっぱいにして多くの人に喜んでもらいたい」と笑顔のぼんさん、会場にも大きな笑顔の花が咲きました。

樅木英介さん

元パリコレのモデル樅木さん(55才)は颯爽と登場!

27才から6年間パリやミラノコレクションで活躍。その後、さまざまな職業を経験し、熊本の農業生産法人で働き農業の道へ。現在は農業とモデルを両立させた『百姓モデル』として活動、「過去のことを悔やんでも仕方がない、目の前のやるべきことを一生懸命やる『目前最善』が何より大事」と、見て良し聞いても良しの樅木さんでした。


千葉友平さん

かの天草・下浦石工の流れを汲む千葉平五郎石材 四代目。デザイン事務所や写真スタジオに勤務後、家業を引き継ぐ。それまでの経験を生かし、新しい視点の石材業、モノづくりに挑戦しているかたわら、無類の珈琲好きが高じて天草の「赤い月珈琲」を代表的にブランドにするべく奮闘中。「失敗の神さまはお土産を持たせてくれる。できない自分を受け入れると、吸収も早い。コーヒーに惚れ込んだのは、コーヒーは皆んなを笑顔にしてくれるから」と、ステージ上では石工ならぬ珈琲マイスター千葉さんでした。



4人の登壇者に参加者からさまざまな質問があり「目に見えないものを追いかけて信じて大切にする大事さ」や「さまざまな経験は決して無駄ではないこと」が、それぞれの話から伝わってきて、今回のテーマ「変化対応力」へのヒントや、前向きに生きるエネルギーをもらった時間となりました。


会場では、ぼんちゃんほうれん草の即売や「赤い月珈琲」の試飲、珈琲豆の販売、松田さんの取り組みを支援する仲間の手作り小物のコーナーなどがあり、会場はなごやかな雰囲気でした🍀 素敵な4人に感謝を込めて💗
交流会は、今回の出張イベント(若手後継者等育成事業)を企画した熊本メンバーと、本渡、人吉、山鹿の各女性会メンバーとの話がはずみました。

ステージには、本渡会長からの素敵なお花が飾られ、天草本渡ならではの海の幸をふんだんに使ったお料理でした。

来年は山鹿商工会議所が50周年を迎えられますので、皆で山鹿に出かけましょうと阪本会長から約束されました。

熊本商工会議所では、会員企業の皆様方に感謝の意を込めるとともに、会員相互の交流の場の提供として「会員の集い」が毎年開催されています。

令和3年度は、11月4日開催されました。式典では、えびす神社祭典をはじめ、創立・設立50周年、100周年の企業様の表彰などが執り行われました。

記念講演会は、元日経トレンディの編集長のエネルギーあふれる、ヒット商品のお話でした。

HigoRockaSummit2021

熊本県と熊本県女性の社会参加加速化会議の主催で、
昨年度に引き続き、FORUM&SUMMIT
そして、AWARD
が開催されました。


主催の加速化会議には蒲島知事が会長をつとめられ、
企画立案において、熊本商工会議所の西村まり子副会頭が副会長、
阪本女性会会長垂見女性会副会長が委員として参加しています。


日本で一番ジェンダーギャップが少ないと日経新聞に取材された徳島県の経済3団体のTOP(女性)3名様をお招きしました。
徳島県の地域性や女性活躍の戦略を探り、

二位の熊本も右にならえたら?蒲島知事は女性への尊重が大事で、その結果社会進出につながることが望ましいと挨拶されました。

女性の社会進出が地域再生の鍵であり、より良く拡がることを目的に実施されました。


当日のイベントには、リアルが150人程度、オンラインが50人程度と予想よりも多くの方に見ていただくことができ、盛会に終わらせることができました。

第2回 Higo ROCKa SUMMIT


コーディネーターを務めていただいたのは、日本経済新聞社

地域報道センター部次長 山本公彦 様


徳島県からは、

徳島経済同友会 代表幹事 坂田千代子 様

徳島県経営者協会 会長 林 香与子 様

徳島商工会議所 会頭 寺内カツコ 様


熊本県からは

熊本県経済同友会 代表幹事 笠原慶久 様

熊本商工会議所副会頭 西村まりこ 様

熊本県知事 蒲島郁夫 様

以上7名のトークセッションで女性活躍の今後を探っていただきました。


 第2回 Higo ROCKa AWARDについて

受賞者は6名 (団体)でした。
「 社会で活躍する女性やその所属団体 」と
「 それを支えるため、仕事だけでなく家庭や地域にも参画する男性や、

男女のワークライフバランスを後押しする団体等」

というコンセプに沿った 個人または 団体の皆様に贈られました。


↓写真は前日に開催された『前夜祭』です。


熊本商工会議所女性会メンバー有志が参加し、開催を盛り上げるべく集い、熱い気持ちを一つに。

↑女性会メンバーからの激励の花。熊本で生産高日本一のカスミソウ、

生産高日本第二位のカラーとトルコ桔梗を使った挿花

第53回「 全国 商工会議所女性会連合会オンライン総会 」が、開催されました。
毎年 各地で開催される 総会は、 新型 コロナウイルス 感染症の影響により、
それぞれの地元から参加可能となる「 オンライン 」で 開催されることとなりました。
 年に一度の全国の会員が集まる総会に、熊本チームも参加、視聴いたしました。 

オンライン総会 記念式典 開会です。
熊本女性会会員も会議所事務所に参集し、出番前にはリハーサルをして、待機しました。


全国の出席女性会がZoom Meetingを利用して紹介されました。テレビ中継さながらです。

※参加される単会毎に紹介され、皆様の明るいパフォーマンスが印象的でした。

総会のメインともいえる、
<第20回女性起業家大賞>
<女性起業家大賞20周年エクセレント賞>
の授賞式がありました。


また、20周年を迎えた『女性起業家大賞』に新設された<エクセレント賞>
今年は第一回目に大賞を受賞され、

その後20年間歩みつづけられた
6組の皆様が受賞されました。


皆様すばらしい活動の数々。

最優秀賞(グロース部門)は、
中曽根 暁子(なかそね きょうこ)様
株式会社Special Medico 代表取締役(東京都千代田区)
【創業年:2012年】
東京商工会議所


受賞者一覧は、以下にリンクさせていただきました。

↑写真は、スタートアップの優秀賞を受賞された

石井 リナ(いしい りな)様

株式会社BLAST 代表取締役社長(東京都渋谷区)【創業年:2018年】



記念プログラムは、エクセレント賞の受賞者の講演でした。

 

演 題:女性起業家大賞最優秀賞受賞から得た自信と使命
講 師:株式会社クック・チャム 代表取締役社長 藤田 敏子 様


つづいて、オンライン講座は、

渋沢栄一に学ぶ
「渋沢が取り組んだ社会貢献・女子教育を今の時代だからこそ考える」 
一橋大学 大学院経営管理研究科教授 クリスティーナ・アメージャン 氏

初のオンライン総会は、準備等事務局にお世話になりました。オンラインでは人間関係は作れないものの、オンライン交流タイム等工夫が凝らしてあり、※Google Meetを利用した3~5単会での自由な交流時間では、『熊本の新入会員が若返っていると聞きましたが、どのような戦略を持っておられますか?』とご質問がありました。

全国でも課題の新入会員参加の世代交代。熊本もロールモデルになれるようにがんばろー。

運営をされた東京商工会議所の皆様、大変貴重なリモートプログラム体験をありがとうございました。

令和3年度の新副会長が総会で1名決定いたしました。

前副会長の松崎会員が任期満了で退任、新規に山﨑会員が副会長に就任させていただきました。(松崎前副会長お疲れさまでした。)

初、正副会長会が開催され、記念にパチリ。

副会長は、5名で阪本会長を支えながら二期目を迎えます。
力を併せて女性会企画を推進して参ります。


『副会長になって初めての会議に参加させていただきました。

素敵な方々に囲まれて、ちょっと緊張しました。😅

でも、またいい勉強をさせていただき感謝です。

これからも頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします。🙇‍♀️』

                 熊本商工会議所女性会 副会長 山﨑裕子

(写真は会長を囲む副会長 山﨑、濱田、阪本会長、垂見、山本)<田中(欠席)>

3月26日に那覇市の沖縄ハーバービューホテルで開催された第109回九州商工会議所女性会連合会(安東友子会長)の役員会に阪本会長はじめ垂見副会長、濱田副会長と4名で参加しました。(写真は安東会長とご一緒に)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防措置等の取り組みが県や女性会ごとに異なることを考慮して、沖縄での会場参加型と、沖縄の会場には行かずにWeb配信映像の視聴による参加型との選択制で実施されましたが、何とか無事に終えることが出来て本当に良かったと思います。

議題は、令和2年度の事業報告・収支決算、令和3年度の事業計画・収支予算等でした。

「女性起業家への支援」や「新型コロナウイルス感染症終息後の消費喚起」など各地の特徴を活かしつつ、地域社会のニーズに対応した女性ならではの活動への支援を進めていくこととなりました。

役員会終了後には、「コロナ渦の中でも、社員エンゲージメントを上げるには」と題して早瀬京鋳氏(オリオンビール(株)代表取締役社長兼SEO)による記念講演会がありました。

早瀬社長は、小中高と熊本で過ごされたそうで、一気に親近感が湧きました。コロナ渦で酒類事業が大きく影響を受ける中、『とにかくアクションを』と新製品の開発やサービスの提供、更にSDGs(持続可能な開発目標)に積極的に取り組んだ結果、業績は悪いものの社員の会社への評価、モチベーションは高くなった事例を紹介。

社員は仕事を楽しみながらやっているか?という内容に、もう一度自分自身を見つめ直す良い機会となりました。(写真は早瀬社長とご一緒に)

最後に、福岡の安東会長や沖縄県の女性会の皆様と短い時間ではありましたが交流ができて本当に有意義な役員会となりました。ありがとうございました。

<商工ひのくに 6月号>

熊本商工会議所会報誌『商工ひのくに』

〈女性会活動報告〉より